ブログさぼりすぎ


どうも、すみません、ゆうじです
生きてます



前回は猫の糖尿病の診断について話したけれど

今回はついに治療編!
いぇ~い!


治療は

①インスリン注射で血糖値をコントロールする

②フード量やフードの種類を見直して、適正体重を目指す

③水和状態の管理(脱水していたら点滴する)

④膵炎等、基礎疾患がある場合はその治療をする


が基本になるよ~


血糖値はまずは1日を通して100~300mg/dLになるように
インスリン量を調整していくんだ

血糖値の測定には採血が必要なんだけど
簡易血糖測定器を使えば、少量の血液でも血糖値が測れるよ
まずは病院でこまめに血糖値を測って、インスリン量を決めていくんだけど
量が決まってきたら、お家で飼い主さんに血糖値を測ってもらうこともあるよ


最近では
人の医療で使われている
連続血糖測定器を猫にも使うこともあるよ
これを使えば最長14日間、いちいち採血しなくても
センサーに機械をかざすだけで血糖値が分かるよ


ぼくは毎回採血されるの嫌だから
この連続血糖測定器を装着してもらったよ~

P7160013

じゃ~ん☆

この腰についてる丸い円盤がセンサーだよ

P7160012


落ちないように、テープで補強して
お洋服も着せてもらったよ~

P7160015

装着の時は針が細くてほとんど痛みが無かったし
お洋服も慣れれば違和感ないね

P7160016

どやぁ
着こなすねぇ


また治療経過を報告するね~



ゆうじ