ゆうちゃんの小部屋

2017年09月

猫じゃらしの季節だね〜

attachment00

どうも、ゆうじです



みんなは
おうちの猫ちゃんの健診って 
定期的にしてる?


ちなみにぼくは中年おやじだから 
年に2回くらいは健診してるよ(嫌嫌)



健康のことは気になるけど
どういうタイミングで
どのくらいの頻度で
どういった検査をすればいいのか

分からない人も多いと思うんだよね〜


そこで
今回は猫の定期健診について
説明するよ〜



まずは子猫編!!
 

子猫と暮らし始めて
少し環境にも慣れてきたら
レッツゴー病院♪

子猫の健診で推奨されるのは↓↓



 ①身体検査(体重測定や聴診、触診など)

 栄養状態や、先天的な疾患の有無をチェックするよ
 ノミやダニ、シラミなどの外部寄生虫もチェックするよ


 ②便検査 

 お外で暮らしていた経験のある子、母猫がお外へ行っていた子、
 集団で飼育されていた子は、特に要注意!
 消化管に寄生虫が感染していることがあるよ
 便に虫や虫の卵がでてないか、みておこう!
 人にも感染することがあるよ…怖いね…
    
    P8150043
     ↑猫回虫卵


     P8150045
  ↑コクシジウム

 ※お家で便を採取できたら、持ってきてね
  出来るだけ、その日にした新鮮な便を持ってきてね
 



 ③猫白血病・猫免疫不全ウイルス検査 

 猫白血病ウイルス感染症、猫免疫不全ウイルス感染症は
 猫ー猫間で感染する病気だよ
 特に猫白血病は、生まれたばかりの子猫だから感染してない…なんてことは無くて
 胎盤やお乳を介して母猫から感染していることがあるよ
 感染が成立してしまうとほとんどの猫が4年以内に死亡する怖い病気なんだ
 
 多頭飼育をしているお家は
 知らない間に先住猫に病気がうつっちゃった…なんてことが無いように
 新しく迎える子のウイルス検査はしっかりしておこう!
 (もちろん先住猫のウイルス検査がまだの場合は事前にしておこうね)
 もしウイルス陽性だった場合は、先住猫にワクチンを打つことで
 ウイルスの蔓延を防ぐことができるよ

 ※ウイルス検査の結果は生後半年くらいまで、変動することがあるよ
  だから最低2回は検査するのがおすすめ




 
これらの検査の1番の目的は
子猫に順調に育ってもらうことだけど

健診に来てもらうことで
病院に少しでも慣れてもらう、という目的もあるよ

子猫のうちに病院に慣れさせておくと、
いつか病気になってしまった時に
大暴れしたりパニックになってしまって何も検査が出来ない…
なんてことにならないように出来るんじゃないかなあ
スタッフに、どんな性格か(怖がり、怒る、逃げるetc...)知っておいてもらうというのも大事


成猫になるまで
体重の増加が順調か…などなど1〜2ヶ月毎に健診して、
病院に慣れていった子もいるよ



健診と一緒に
混合ワクチンやフィラリア予防、去勢・避妊手術の相談もしておくと安心だね



ではでは
今回はこのへんで
次回<成猫編>では
実際の検査風景の写真も載せるね〜
お楽しみに〜

  
ゆうじ 

秋めいてきたね

attachment03

あ、これ300均のかぼちゃ帽子

着こなすよね〜

どうも、ゆうじです

今日はおしらせを2つほど



おしらせその①

動物病院専用 

の、「CIAOエネルギーちゅ〜る」が販売開始したよ〜

attachment00

とりささみ味とまぐろ味の2種類だよ

一般のちゅ〜るとの違いは
なんてったって
カロリー量!
1本あたりのカロリー量は14kcalで従来の2倍!
食欲が無くてたくさんの量のごはんを食べられない子にも試してみてほしいな

もちろん
美味しさはそのまま
ぼくとスーちゃんも
お試しでもらったけど

即完食しちゃったよ〜


興味ある人は受付に声かけてね





おしらせその②


明日 9月10日は
13時から 高槻現代劇場大ホールにて
市民公開講座があるよ

「ちょっとした方法で幸せいっぱい♥〜動物との暮らしがもっと楽しくなる♪」

 猫に関するプログラムとしては

・子猫から始まる楽しい生活〜子猫リレー事業を通して〜
・ストレスゼロの猫生活って?〜猫とのハッピーライフなお部屋をご紹介!〜


があるよ
スタッフみんなで参加して
いろいろ学んで患者さんに還元できたらなあと思うけど
実演や動画上映もあるから
明日空いてるよ!って人はぜひぜひ足を運んでみてね〜

参加費は無料だよ
むふふ




ゆうじ

このページのトップヘ