ゆうちゃんの小部屋


おしっこの時は真顔になる


どうも、ゆうじです 



今日はぼくからみんなに重大なお知らせがあるよ



じつはぼく…





attachment00-80


糖尿病になりました 





attachment01-12

がびーん 





突然のことで
ぼく自身もまさか…って困惑したんだけど


幸い早期発見で治療も始めて今は体調も良いんだ



これからはこのブログで


糖尿病という病気についてや
闘病の話もちょこちょこしていこうと思っているよ



同じ糖尿病患者の猫さんも
ブログをみて一緒に頑張ろうって気持ちになってくれたらうれしいな〜





ゆうじ 

attachment00

ついこの間シャンプーしてもらったのに
もう臭いって言われたよ 

加齢臭ですか?



どうも、ゆうじです



今日はぼくら猫にとって有毒なものの話でもしようかな



猫と暮らす上で
食べさせてはいけないものや部屋に置くのが望ましくないものって思った以上に多いんだよね



・食べ物

 例)タマネギ、ネギ、ニラ、ニンニク(火が通っててもだめ!)
   エビ、イカ、タコ、カニ、貝類
   塩分が多いもの(人の食事)
   チョコレート
   

・植物

 例)ユリ科植物(チューリップやスズランもだよ!)
   ポトス、アイビー
   アロエ
   シクラメン


・その他化学製品など

 例)香水 
   ヘアスプレー
   芳香剤
   アロマオイル
   解熱剤(アセトアミノフェンやイブプロフェン)
   タバコ
   洗剤類
   塩素系洗浄液
   不凍液
   殺鼠剤
   除草剤
   
↑代表的なのはこんな感じ

他にもいろいろあるけど
上に挙げたものだけでも
ちょっとドキッとした人いるんじゃないかな


最近では特に
高残香性の柔軟剤(長時間香りが続くものや、摩擦で香りが出るようなもの)
や消臭スプレーがたくさん販売されているけど
これらに含まれる合成香料による猫の健康被害も報告されているよ

喘息や腎数値・肝数値上昇、皮膚炎を発症したりする子もいれば
意識朦朧となったり最悪死に至ることも…


猫にとって危険なものは、
基本的には置かない、使わないのが1番だけど
止むを得ず使う必要がある場合は
必ず猫を隔離して
近づけないようにしてね





ゆうじ



 

岩合さんに撮られたい


どうも、ゆうじです




今日は2月22日!
日本では「猫の日」だね



猫と人との付き合いが始まったのはおよそ1万年前

すっごく昔から一緒にいるんだね

猫の遺伝子はその時から現在まで
ほとんど変わっていないらしいよ


周りの環境や人に合わせて遺伝子を変える必要がないくらい
元々完璧で、自由な生き物なんじゃないかとも言われてるよ


これからも
自由気ままなぼくら猫たちに
合わせていってね



とりあえず今日はおやつ多めでよろしく

attachment00



ゆうじ




 

このページのトップヘ